住宅ローンの借り換えを考えるならフラット35

フラット35とはどのような企業なのか

フラット35とは、固定金利を中心とした住宅ローンを融資してくれる金融機関となります。最長でも35年の固定金利が保証されているプランなどが多いため、金利の変動などを心配する必要がありません。また、金利にも様々なタイプを用意しているため、その人にあった借入をすることができます。

住宅ローンを組む際に落ちてしまう理由をランキング

no.1

ブラックリストは一発アウト

住宅ローンをお願いする際に、「異動」がある場合、どの金融機関でも審査に落ちてしまいます。この異動とはブラックリストと同義語といわれており、クレジットカードの支払いなどで61日以上の滞納をしてしまうと、個人信用情報に記載されてしまいます。

no.2

過去に消費者金融などへの返済が遅れてしまった

住宅ローンの審査の殆どで、消費者金融からの借入を持っている過去があっても、通ることがあります。しかし、それは返済が遅れていない事が前提となります。住宅ローンを提供している機関は、過去に返済遅れがある場合、審査がとても厳しくなってきます。

no.3

現在進行形で消費者金融から借入をしている

金融機関の中には、消費者金融から借入をしているだけでも、審査に通らない場合があります。特に大手になると、事前審査で落とされてしまうことがあります。また、消費者金融を利用していても大丈夫な場合でも、キャッシング枠の金額を返済負担に計算する場合があります。そのため、審査前に解約しておくか、金融機関に事前に申告しておく必要があります。

no.4

返済負担率いっぱいの申込み

金融機関には年収に対してどれほどの金額を貸すことができるかが前もって定められています。これを目安として、金額を提示することがありますが、この提示金額いっぱいに借入申込を行うと、審査が厳しくなってしまいます。借入申込みを行う際には、余裕を持った金額の借入申込を行う事がいいとされています。

no.5

他にローンを組んでいる

消費者金融から借入を行っていない状態でも、「車のローン」などを持っている場合、そのローン金額も返済負担率に含まれます。そのため、金融機関は「車のローン」プラス「住宅ローン」での借入可能額を計算してきます。それが原因で審査が通らない場合があります。

住宅ローンの借り換えを考えるならフラット35

女の人

住宅ローンで利用できる金利を知っておこう

住宅ローンには「固定金利」と「変動金利」と呼ばれる2つのタイプの金利があります。固定金利になると、契約年数の金利が変動する事がないため、長期にわたる返済の場合にはとてもお得になります。逆に変動金利は、短期間での借入を想定しておこなうことで、固定金利よりも月々の返済額を抑える事ができるといわれています。

変動金利から固定金利へ借り換える

変動金利は5年に1度見直されることが一般的とされています。そのため、金利額が大きく上昇したりした際のポイントを見極めることができます。このまま金利上昇が続いてしまうと思った際には、金利が一律で安定している固定金利に力を入れている金融機関へ借り換えをおこなうことで、返済額を安定させることもできます。

固定金利に力を入れている金融機関

短期での返済を考えて変動金利を利用していた人でも、金利が変動しない固定金利に変更できます。その際に、同じ機関でプラン変更をおこなうのもいいですが、固定金利に力を入れている金融機関へ借り換えしたほうがお得になります。たとえば「フラット35」で借り換えを利用した際、金利が固定されているため、月々の返済金額を簡単に割り出すことができます。

フラット35を利用する魅力を調べてみる

固定金利に力を入れるフラット35ですが、その中でも様々なプランを提示してくれます。金利が1.489%の融資もあれば、段階によって金利のパーセンテージが変わる事もあります。「固定金利なのに変わるの」と考える方もいますが、10年間は1.340%で、11年以降からは1.489%にパーセンテージが変更することで、最初の10年間は金利を下げてもらえるプランとなっています。

比較することでわかるフラット35への借り換えポイント

返済金利は変動することがない

固定金利を推すフラット35では、最長35年もの長さで、固定金利を契約する事ができます。そのため、月々の返済金額も変わることがないため、安心して最終返済まで返済をおこなうことができます。

フラット35では繰上返済の手数料がかからない

通常の返済とは別に、ローンの元金部分の一部を返済することを繰上返済といいます。主にボーナスが入ったり、収入が増えた際に行われます。フラット35では、この繰上返済を10万以上からおこなうことができますが、その際の手数料がかからないのが魅力です。

広告募集中