糖尿病は自分でも改善することが出来る|正しい知識を知ろう

老人

血糖値が高い場合

家族

食生活を見直す事

糖尿病は尿の中に糖が多量に出て血糖値が高くなる病気のことです。糖尿病の改善と原因で最も多いのは生活習慣や遺伝による肥満です。特に注意が必要なのは内臓脂肪で、食べすぎや運動不足によって肥大した脂肪細胞が出来てインスリンの効き目が悪くなります。インスリンという物質は糖代謝を効率よく行うためのホルモンで膵臓から分泌されます。糖尿病はインスリンの働きが悪くなり量が減ることで代謝のシステムがうまく働かない病気です。糖尿病を改善するには運動不足や過食を減らすことで、痩せている人でも食べ過ぎは改善の妨げになります。食べすぎることによって血液中のブドウ糖が増えると、膵臓はインスリンを分泌しようとしますがこの状態が長く続くと、やがてインスリンを作れなくなります。食生活の改善が大きな治療法なのです。

食べ方を変えること

糖尿病を改善するのに必要なのは食事療法です。過食によるインスリン注射の増加や肥満を防ぐことができます。食生活改善のポイントは適正摂取量のエネルギーを守りバランスよく食べることです。よく糖尿になると食事制限があるといわれますが、ポイントさえ守れば食べてはいけないものはありません。血糖値には食生活が大きく関係しているので、適正エネルギー量を守るための基本は腹八分目を心掛けることです。これまでお腹いっぱい食べていた人は物足りないかもしれませんが、よく噛んで食べたり低カロリーの食材を大量に食べるなど工夫すれば満腹感を得ることができます。糖尿病改善では我慢することが多くストレスに感じるかもしれませんが、量さえ守れば好きなものを食べることが出来るのです。また、糖質の有無にも細心の注意を払いましょう。糖尿病の状態は糖質を十分に吸収できず、体内で糖質が循環してしまいます。そのため炭水化物を少なくし、糖質を抑えた糖質制限食を利用しましょう。また、糖質の吸収を促進させるサプリメントなども販売されているので、そちらの利用もお勧めです。