カードローンを利用して融資をしてみよう

急な出費が発生した場合、どうしてもお金を作らなくてはいけない場合、誰かから借りるというのはどうしても気が引けてしまいます。そんな時には、消費者金融などのカードローンを利用してみましょう。即日融資を行ってくる消費者金融は数多くあるため、自分に合った金利の金融から融資をお願いしてみましょう。また、電子マネータイプのカードローンだと、お店や交通機関等で簡単に利用する事ができます。

カードローンが選ばれる理由

  • コンビニATMで使える
  • 振込返済ができる
  • 支払額が一定
  • 早期返済もできる
  • 利用可能額プランが豊富

急な出費が発生してもカードローンの即日融資を利用することで解決

ATM

カードローンとキャッシングは返済方法が同じ

クレジットカードでキャッシングを行ったさいに、カードローンと返済方法が同じと感じる人も少なくありません。その大きな理由として、どちらも支払い方法を「キャッシング1回払い」か「キャッシングリボ払い」で選択することができるからです。そのため、同じ返済方法での支払いが可能となります。またキャッシングリボ払いの中にも2つの方法があり、それを踏まえて自分に合った返済方法を見つけましょう。

様々なローンを検討してみよう

銀行融資や金融機関からお金を融資してもらうさいに、その用途にあった融資プランを提示してもらうことがあります。しかし、「車を購入する」、「家を購入する」などの明確さがない場合には、フリーローンと呼ばれる使い道自由なプランを検討してみましょう。金利が通常よりも高いプランが多いですが、その分自由に使えるため、様々な点で利用できます。

カードローンを契約する大まかな流れ

電話やパソコンで申し込み

金融機関の多くが自宅で簡単に仮審査をおこなうことができるようになってきました。そのため、パソコンで必要な項目を書き込んだり、電話をすることで、申し込むことができます。

申し込みの際の情報で審査

申込みの際に伝えた自分の情報や勤務先の情報を元に、金融機関は審査に入ります。この時に早い場所では、約10分ほどで審査が完了します。混み合っている場合などになりますと、ネットなどでは1日、自動契約機などを利用した場合だと1時間ほど時間を取られることもあるので、注意しましょう。

本人確認書類を提出して契約

審査がある程度進むと本人確認書類を提出する必要があります。パソコンなどを利用する際は画像のアップデート、コピーした書類を郵送、自動契約機などではその場で情報を送信する事ができます。また、この時に住所が変更していたり、結婚などで名字が変更している際は伝える必要があります。

契約完了後に借入が可能

本人確認ができれば、審査も最終段階に入ります。ここで審査が完了すれば契約が完了します。パソコンなどを使って自宅で登録した場合は、自宅にローンカードが届くのを待つ必要がありますが、自動契約機などを利用しての登録だとその場でローンカードを取得できるため、即日融資も可能になります。

広告募集中